先日、ばあちゃんに会いに施設ヘ

私がたまにしか顔を出さないので
「あんたどしたんな?」
と、この状況が把握できないばあちゃん

おもむろに洋服を脱ぎタンスを開け悩んで
一つ選ぶ

 「やっぱりこっちにしょうか」とまた着替える

今からどこかに行くわけでなく、
ただ僕に見せたかったのかな?

今日も一日を有意義に過ごしているばあちゃん。

97歳になってもおしゃれを楽しむ普通の女性。

「またきいまいの

帰りに笑顔で手を振ってくれた。

                                                                 ぬらっち